ブームは去っていない? 今でも『ポケモンGO』で遊んでいる人の割合は

社会現象にもなった位置情報ゲーム『ポケモンGO』。今でも遊んでいるという人はどのくらいいるのだろう。

ライフ

2019/11/09 09:20

スマホ女性
(RyanKing999/iStock/Getty Images Plus/画像はイメージです)

2016年にリリースされ、大きく話題となったゲームアプリ『ポケモンGO』。ゲームやアニメで絶大な人気をほこる『ポケットモンスター』のキャラクターが、実際に自分の目の前に現れたように見えるGPS位置情報ゲームだ。

その画期的なゲーム内容は一大ブームとなり、街中では歩きスマホをする人も増え、神社などで境内での歩きスマホをやめるよう注意喚起されたほど。リリースから3年。ブームも落ち着いたかのように見えるが、今プレイしている人はどのくらいいるのだろう?


 

■1割弱は今でも

そこで、しらべぇ編集部が、全国10~60代の男女1733名を対象に調査したところ、「今でも『ポケモンGO』で遊んでいる」人は、全体の8.9%。

調査ポケモンGO

男女別では、男性は9.2%、女性は8.6%と、男性のほうが0.6ポイント高いものの大きな差はない。


関連記事:スマホでゲームばかりしている人は幼稚?約半数が呆れ顔…

 

■20代女性は可愛いさで?

さらに男女年齢別で見ると、20代女性が一番の高ポイントで16.0%。ついで、10代男性が15.0%という結果。

調査ポケモンGO

20代女性はキャラクター好きも多い。今年の5月には映画『名探偵ピカチュウ』のピカチュウの可愛さが話題に。可愛さで癒される女性が多い可能性が。また、10代男性はスマホゲームを複数やっているイメージ。ブームに関わらず、飽きずに続ける人が多いのかも。


■今は「ドラクエGO」が人気か

今年は、大人気RPG『ドラゴンクエスト』版ポケモンGOともいえる『ドラゴンクエストウォーク』のリリースも。こちらも大きく話題となった。とくにドラクエは、長寿ゲームなため、年齢層も幅広いのかも。

移り変わりの早いスマホゲームのブーム。次々面白いゲームが出てくるが、様々なイベントがアップデートされるのも、スマホゲームの面白いところ。長くプレイしてみるのも面白いかも。

・合わせて読みたい→韓国でポケモン新作「ソード&シールド」は売れてる? 家電量販店に行ってみた

(文/しらべぇ編集部・ヨザワ マイ

【調査概要】
方法:インターネットリサーチ「Qzoo
調査期間:2019年10月28日~2019年10月30日
対象:全国10代~60代の男女1733名 (有効回答数)

この記事の画像(3枚)


あなたにオススメ