『テラハ』女子メンバーの成長に驚愕 「推せる」「涙出ちゃった」

『テラスハウス』奥山春花がペッペとデート。自分語りのなかで見せた精神面の成長に、感動の声があがっている。

エンタメ

2019/11/13 16:20

人気恋愛リアリティ番組『テラスハウス』の新シーズン 『TERRACE HOUSE TOKYO 2019-2020』 (Netflix・フジテレビ)の最新話が12日から配信開始。放送当初からテラハで暮らしている奥山春花の精神面の成長が、視聴者の感動を呼んでいる。


 

■テラハ生活で心境に変化

新メンバーの田渡凌木村花らの参加によって、一気に恋愛色が強くなってきた印象のテラハ。前回放送で春花へのほのかな恋心を明かしたマンガ家のデュラルト・ジュゼッペ(以下、ペッペ)が、この日の放送ではかねてより約束していたデートとして、春花と静岡県の蕎麦屋へ遠征する。

そこで、「もうそろそろ卒業しようかなと考えてる」と春花が明かすと、自分の内面について話す流れに。「今まで自分中心で生きてきた」ため、「相手に興味を持ったこともなかった」と語る春花だが、共同生活を送るなかで次第に心境に変化が訪れたよう。


関連記事:『テラハ』ジュゼッペのマンガを読んだ春花の反応が話題に 「ヤバい」

 

■「マンガに感想なし」の伏線も回収?

「今すぐに実行できてるワケじゃないけど」と言いつつも、誰かと話したあとにひとりになった際に「あのとき、ああ言っておけば相手もっと嬉しかったかな」「もっと向こうのこと知れたかな」など、自分で振り返るようになったと話していく。

以前、ペッペのマンガを読んだにも関わらず、一切の感想を言わないという反応を見せ、ネット上で「それはないでしょ」「さすがに失礼では」などの声があがっていた春花。それだけに、今回の発言は一皮も二皮も剥けた印象だった。

次ページ
■「推せる」「とても良かった」