クライアントからの電話に「またかよ!」 ワーママあるあるに共感の声

13日に放送されたドラマ『同期のサクラ』。働くママの苦悩に共感の声が相次いでいる。

エンタメ

2019/11/14 17:30

高畑充希主演ドラマ『同期のサクラ』(日本テレビ系)の第6話が13日に放送。

今回の舞台は入社6年目の2014年。子会社に出向になってしまったサクラが、入社時からお世話になっている先輩社員のためにひと肌脱ぐ。



 

■セミナーの責任者に

入社時からサクラのことを見守り続けていた人事課のすみれ(相武紗季)は離婚し、シングルマザーとなっていた。8歳の娘の子育てと仕事の両立に苦しむ彼女はあるとき、上司の黒川(椎名桔平)から有名評論家・椿を招いた講演会「女性研修セミナー」の仕切りを丸投げされてしまう。

椿のマネージャー・米田と打ち合わせで、すみれは「椿のことは絶対に先生と呼ぶ」「講演後は一切質問を受けつけない」といった理不尽で細かすぎる要望を要求され、次第にそれはエスカレート。

仕事が終わった時間に連絡が来て、講演会とは関係がない要望を突きつけてくる始末で、娘のつくし(栗野咲莉)との関係性もぎくしゃくすることに。


関連記事:体調を崩して会社を欠勤 母親に伝えるとなぜかキレられた理由は…

 

■正論を言うものの…

そしていよいよやって来た講演会。しかし、椿の話は予定の時間よりも早く終わり、空いた時間で自分が書いた本の宣伝をし始める。驚きととまどいを隠せないセミナーに参加した女性社員たち。

サクラも何か言いたくてしょうがなかったが、これ以上問題を起こすとまた上から目をつけられてしまうので、必死に我慢していた。そんなとき「先生は本を売りたいだけで、セミナーを開いたのですか」と、すみれが立ち上がる!

今まで自分の言いたいことを言えずにウソを重ねながら仕事をしてきたすみれ。しかし、自分の信念を貫く後輩のサクラと娘のつくしの姿を見て、自分もウソをつかないえ生きていくことを決意するが、上に歯向かったことで、すみれは社史編者室に異動になってしまう。

次ページ
■ワ―ママの回