肉親が「特殊詐欺」で逮捕されたらどうすべき? 反社系VTuberの回答に反響

反社系VTuberの懲役太郎がYouTubeチャンネルを更新。肉親が特殊詐欺で逮捕された人に対し、アドバイスを送った。

動画

2019/11/18 05:45

逮捕
(TAGSTOCK1/iStock/Getty Images Plus/写真はイメージです)

テレビや新聞などで散々その危険性が周知されている、オレオレ詐欺等の特殊詐欺だが、依然として被害にあう人は少なくない。

多くの人が「お金を騙し取られたくない」と考えるだろうが、中には肉親や恋人が騙す側になってしまうケースも。バーチャルユーチューバー・懲役太郎が自身のYouTubeチャンネルにアップした動画が注目を集めている。


 

■懲役太郎とは

懲役太郎は「前科3犯、(称呼番号)893番、懲役太郎です。」というフレーズで人気上昇中のバーチャルユーチューバー。「刑務所に服役中であり、職業訓練の一貫として、ユーチューバー活動をしている」という(設定の)人物だ。

裏社会や反社な人々の生態、刑務所・拘置所事情などに詳しいことが特徴で、自身の実体験に基づいている(と思われる)ディープな動画をこれまでに多数アップ。

あおり運転されやすい車の特徴」「反社が教える絶対に自転車を盗難されない方法」「反社組織の組長が溺愛する孫に事務所でアニメを観せて起きた悲劇」など、濃い内容のテーマを、独特な質感の声で軽妙に語っている。


関連記事:刑務所内で受刑者たちが“彼女への手紙”を添削 「女子高生のようなノリ」

 

■肉親が特殊詐欺で逮捕されたら…?

有料の電話相談を行なっている懲役太郎。様々な犯罪の実態に詳しい彼のもとには、肉親や恋人が特殊詐欺で逮捕されたという相談が多く寄せられるという。

初犯にも関わらず実刑をくらい、面会することもできないと訴える相談者の多くは「どうしたらいいですか」「そんな悪い子じゃないんです」などと慌てふためいているようだが、懲役太郎はそのような言い訳は「通用しない」としたうえで、毅然とした対応を取ることを勧めているようだ。

理由は単純で、「これだけやってはいけないよと言われて」いる今の状況で特殊詐欺に関わった罪は重い、ということだ。

次ページ
■突き放すのも大事?