親戚の集まりの帰り道に言われた一言 「お前は今日も失言をした」

女性向け掲示板『ガールズちゃんねる』では、「もう親戚の集まりに行くのをやめたい」と題したトピックに注目が集まっている。

人間関係

2019/11/24 07:30

親戚
(Nisian Hughes/Photodisc/Getty Images Plus/画像はイメージです)

盆や正月など、親戚が一堂に会するという家も多いのではないだろうか。しかし、それがどうしても憂鬱だという人もいるようだ。

女性向け掲示板『ガールズちゃんねる』では、「もう親戚の集まりに行くのをやめたい」と題したトピックに注目が集まっている。


 

■行動を逐一監視する親

幼い頃から年に1回のペースで、親戚の家を訪れているという投稿者の女性。しかし、親も必ず一緒に行くことになるストレスのため、毎回行く前から、緊張で動悸や吐き気がするのだという。

というのも、親が投稿者の行動を逐一監視しているらしく、帰り道に「お前は今日も失言をした」などと言われるそうだ。


関連記事:家族全員にブスと言われて育った女性 母親のありえない行動に「毒親」の声

 

■掲示板ユーザーからのアドバイス

投稿者はこうしたエピソードを踏まえ、「そろそろ行くのをやめたい」と吐露。掲示板に、「断りにくい雰囲気の中でも使える、良い断り方はないでしょうか?」と質問を投げかけた。

すると、掲示板ユーザーからは、「『都合がつかない』ってはっきり言うべき」「嫌なら何も言わずに行かなくてもいいのでは?」といったコメントが書き込まれている。


■「毒親に育てられた」と思っているのは…

自らの親を「毒親」と呼び、相当なストレスを感じている投稿者。しらべぇ編集部が全国20~60代の男女1,371名を対象に調査したところ、全体のおよそ6人に1人が「毒親に育てられた」と回答している。

毒親

投稿者は親戚の集まりに参加したあとは、最低1週間は体調を崩すこともあるとのこと。早く解決策が見つかることを願うばかりだ。

・合わせて読みたい→母親の不倫を許せなかった女性 真相が明らかになり今では後悔も…

(文/しらべぇ編集部・音無 まりも

【調査概要】
方法:インターネットリサーチ「Qzoo
調査期間:2015年11月20日~2015年11月24日
対象:全国20代~60代の男女1371名

この記事の画像(1枚)