南キャン山里、「アイドルのしょうもない特技」で冷めた場を盛り上げる努力明かす

『自慢したい人がいます』で、南海キャンディーズ・山里亮太がある努力について熱弁して…

エンタメ

2019/11/24 15:20

南海キャンディーズ・山里亮太

23日放送『自慢したい人がいます ~背景ひねくれ3様~』(テレビ東京系)で、南海キャンディーズ・山里亮太が「アイドルのしょうもない特技」について熱弁。場を盛り上げるためにした努力について明かした。



 

◼視聴者の自慢

視聴者が「コレって自慢していいですか?」というエピソードを投稿。芸人屈指のひねくれ者である山里、ハライチ・岩井勇気、三四郎・小宮浩信が「自慢になるか、ならないか」を判定していく。

40代男性は「ベッドで横たわったまま、飲み物をまったくこぼさず飲み終えられる」という自慢をすると、3人は「自慢になる」と判定。山里は「いつもと違う体勢で飲むと溺れる」と横になったまま飲み物を飲むことの難しさを力説した。


関連記事:南キャン・山里、蔓延するカタカタ英語に不満 「説明が必要なのはダメ」

 

◼アイドルのしょうもない特技

特技の話題から乃木坂46・秋元真夏から「アイドルとかにしょうもない特技とか見せつけられることありませんか?」と質問がとぶ。

これに山里は賛同した上で「一番しょうもない特技の代表格が『耳、動くんです』」だと吐露し、「わかりづらいし、どうやっても盛り上がらない」とこの特技の難点を指摘。そこから自身が編み出した、「白けた現場を盛り上げる方法」を明かしていく。

次ページ
◼山里の解決策