高橋みなみ、いじめられていた過去を告白 「全然学校に行けてなかった」

『BACK TO SCHOOL!』に高橋みなみが出演。いじめられていた過去を告白した。

エンタメ

2019/11/28 06:30

高橋みなみ

27日放送の『BACK TO SCHOOL!』に、タレントの高橋みなみ(28)が出演。いじめられていた過去を告白し、視聴者からは驚きの声が上がっている。



 

■「体が弱くて…」

埼玉県内のとある高校で、3日間だけ学生生活を送ることとなった高橋。AKB48の初代総監督として、8年間メンバーと向きあってきた経験を活かし、さまざまな生徒の相談に乗ることとなった。

そうしたなか「人間関係がうまくいかない」と悩む女子生徒の話をきっかけに、自身の過去を語り始めた高橋。「小学校の低学年のとき、めちゃくちゃ体弱くて…」と思い出しながら、「全然小1、2とか行けてなかった」と振り返る。

3年生に入った頃に元気を取り戻したそうなのだが、友達もほとんどいなく、いじめられることもあったと話した。


関連記事:高橋みなみ、久しぶりの写メ会に大興奮 「職権乱用」の声も

 

■学生服見るたび「羨ましい」

このように自身の過去を打ち明けることで、学生たちとの距離を徐々に縮めていった高橋。最終日には生徒たちから「僕の人生を変えてくれた」「人生の中で(高橋の存在が)ターニングポイントになった」と感謝の言葉を贈られるまでに。

一方で高橋も、この3日間に並々ならぬ幸福を感じていたよう。14歳からAKBの仕事を始め、ろくに登校することもできず、高校は通信制だったという高橋。大人になって学生服を見るたびに「羨ましい」という感情が抜けなかったそうだ。

それだけに最後は大粒の涙を流しながら、「とても幸せな時間でした」「本当に楽しかったです」と、生徒たちに感謝の気持ちを述べた。

次ページ
■「3日間でも立派な青春」