ついつい検索… 「エゴサ」してしまう割合は若い女性に突出か

自分の名前をインターネットで検索することを、エゴサーチと言う。

ライフ

2019/12/01 20:00

(taa22/iStock/Getty Images Plus/写真はイメージです)

自分の名前や、ネット上で使用しているハンドルネームを検索してみて、自分のことを話題にあげている人を探すエゴサーチ。エゴサーチをすると、他人から自分がどういう風にみられているか、他人の評価を知ることができる。

興味本位でたまに検索してみるのは良いが、検索するのが習慣になってしまったり、書かれている内容に一喜一憂したりと、エゴサーチ中毒になってしまう人もいるようだ。


 

■2割弱がしてしまう

しらべぇ編集部が、全国10代~60代の男女1,732名を対象に調査したところ、「エゴサーチをしてしまう」と回答したのは、全体の16.7%であった。

エゴサーチ

男性15.8%、女性17.5%と、女性のほうがややエゴサーチしてしまう人は多いようだ。


関連記事:エゴサーチして後悔したことがある人を調査!モテる人や浮気症の人は後悔が高い傾向に

 

■10代女性の割合が突出

また、この調査結果を男女年代別に見ていくと…

エゴサーチ

もっともエゴサーチしてしまうのは、10代女性で34.2%とダントツ。20代女性が29.0%で続く。男性でもっとも割合が高いのは、30代で26.6%、10代が24.7%であった。男女ともに若年層の割合が高く、年代があがるごとに割合は低くなっていく。

若年層はインターネットが生活の一部になっている世代でもあるだろう。同世代でネットを利用している人も多く、身近な周りの人からの評価を簡単に知ることができるため、エゴサーチをしてしまう割合が高くなるのだろうか。


■目に見えた評価が…

さらに、この結果を職業別に見ていくと…

エゴサーチ

もっともエゴサーチをしてしまうのは、学生で30.2%。男女年代別に見た際に若年層の割合が高かったことから、学生の割合が高いのは頷けるだろう。

続いて割合が高いのは公務員で、21.4%。会社員が17.8%、自由業が16.7%で続いた。公務員は、仕事での評価が目に見える形で現れることが少ないのだろうか。ネット上で検索することで、自分の評価を知りたいと考えるのかもしれない。

・合わせて読みたい→ネットに悪口を書くのは少数派 若い女性の2割「書き込んだことある」

(文/しらべぇ編集部・赤坂

【調査概要】
方法:インターネットリサーチ「Qzoo
調査期間:2019年3月22日~2019年3月27日
対象:全国10代~60代の男女1732名 (有効回答数)

この記事の画像(3枚)