フジモン、『ケンミンSHOW』での実食シーンが話題 「体張りすぎ」

『ケンミンSHOW』では新潟県の名物「鶏の半身揚げ」を特集。フジモンの実食シーンが話題に。

2019/12/06 07:30

FUJIWARA・藤本敏史
(写真提供:JP News)

5日に放送された『カミングアウトバラエティ 秘密のケンミンSHOW』(日本テレビ系)では、新潟県民の熱愛グルメ「カレー味の鶏の半身揚げ」を特集。お笑いコンビ「FUJIWARA」の藤本敏史の実食シーンに、ネットの注目が集まった。



 

■桁違いの大きさ

名前からも半ば想像できるとおり、カレー粉が皮にまぶされた骨付きの鶏の唐揚げなのだが、そのサイズが桁違いに大きい半身揚げ。通常イメージされる唐揚げとは異なり、一般的な中皿であれば全面覆われてしまうほどのボリュームだ。

とくにカレー味が染み込んだパリパリの皮が人気らしく、そこにぷりっぷりの鶏肉の食感が絶妙にマッチするのだという。県民のあいだではクリスマスの定番料理ともされており、これからの季節にぴったりなのだそうだ。


関連記事:藤本敏史、離婚後の心境告白に同情の声 「家に帰っても…」

 

■「無理せんでええ」

同番組の定番である「実食」に移ると、ゲスト一同「ビールに合う」「ジューシー」と大満足の様子。そんななか、黙々とすごい勢いで口に頬張っていく藤本。

それを見たMCの久本雅美が「一瞬山賊に見えた」とイジると、一層エンジンがかかったのか、藤本は「でしょー?」と言いながらさらに食べ進める。

しかし噛んでいるところはなんと、骨。これにはどよめきが上がるスタジオ。「無理せんでええ」とツッコむ久本に、「山賊とか言うからでしょ」と笑いを誘う藤本だった。

次ページ
■「体張りすぎ」の声も

「楽天スーパーSALE」12月4日20時から 約200万点が半額以下に

カレー実食ケンミンSHOW藤本敏史FUJIWARA新潟県鶏の半身揚げ
シェア ツイート 送る アプリで読む


人気記事ランキング