一緒に食事した友達のSNSを見たら… 「投稿されていたモノ」に絶句

何でもSNSにアップする習慣のある友達と、食事に行ったという投稿者。その後、その友達のSNSを見たら…

人間関係

2019/12/07 16:00

料理の写真を撮る女性
(Tirachard/iStock/Getty Images Plus/画像はイメージです)

昨今では「ネットリテラシー」という言葉も誕生し、様々な場面でSNSユーザーのモラルが問われている。

女性向け匿名掲示板『ガールズちゃんねる』に、「SNSになんでもアップする人」というトピックが投稿され、その内容に反響が寄せられている。



 

■一緒に食事した友人の投稿

投稿者の友人に、どこに行った、何を食べた、何を買ったなど、何でもSNSに投稿してしまう友人がいるという。「SNSの使い方は本人の自由だとは思います」と前置きしつつ、その友人と一緒に食事にでかけた際の出来事について振り返る。

その友人と食事し、後で彼女のSNSを見たところ、気づかれないうちに写真を撮られ、それが何の断りもなく投稿されてしまっていたというのだ。


関連記事:面倒くさくなる場合も… SNSの投稿範囲を間違えた経験ある?

 

■投稿が少ないだけで…

また、別の友人は手料理の写真を頻繁にSNSに投稿しているそう。誰もが「料理を作ったらSNSにあげる」という思考の持ち主のようで、あまりSNSを更新しない投稿者は、あるとき「◯◯って料理しないよね」と言われてしまったという。

これらの出来事を踏まえ、「SNSを自分が楽しむツールとして使うのは勝手ですが、正直毒されてるな、と感じる人が多いように感じます」「SNSになんでもアップする人、周りにいますか?」と意見を求めた。

次ページ
■「いるいる」共感の声

この記事の画像(1枚)