一緒に食事した友達のSNSを見たら… 「投稿されていたモノ」に絶句

何でもSNSにアップする習慣のある友達と、食事に行ったという投稿者。その後、その友達のSNSを見たら…

人間関係

2019/12/07 16:00


 

■「いるいる」共感の声

投稿者の訴えに共感した人は少なくなかったようで、「いるいる、勝手に写真撮って勝手にアップしてるのはネットリテラシーなさすぎだよね」など、共感の声が続出。

また、「勝手に載せられるのは直接いいなよ」という声や、勝手に写真を投稿された場合、訴えることは出来ないのか? といった怒りの声も。

多くの人が、人間関係の中で「ネットリテラシー」に悩まされているようだ。


関連記事:SNSが夫にバレてしまった女性 「一線を越えた内容」で夫婦関係に亀裂が…

 

■約半数「SNSが煩わしい」

SNSの使い方によっても、その人のネットリテラシーへの意識は異なってくる。親しい間柄であっても、投稿者のようにその意識の違いによってトラブルを経験したことがある人は少なくないのでは。

ちなみに、しらべぇ編集部が全国の20代~60代の男女1,537名を対象に実施した意識調査では、全体で約半数の人が「SNSが煩わしいと思ったことがある」と回答している。

親しい友人であっても、相手のプライバシーに関わる内容のものは一言断りを入れるのが筋というもの。「いいね!」と引き換えに大切な友達を失ってしまっては、あまりにも悲しい。

・合わせて読みたい→大親友を結婚式に誘ったが… SNSでの仕打ちに「ガッカリした」

(文/しらべぇ編集部・衣笠 あい

【調査概要】
方法:インターネットリサーチ「Qzoo
調査期間:2018年10月19日~2018年10月22日
対象:全国20代~60代の男女1,537名(有効回答数)

この記事の画像(1枚)