足りないものを欲する「ないものねだり」 女性が年を重ねるとしなくなる理由

自分に足りないものをほしいと思うのは、自然な欲求である。しかしないものねだりばかりしていると、疲れてしまう。

ライフ

2019/12/08 15:40

鏡を見る女
(maroke/iStock/Getty Images Plus/写真はイメージです)

自分に足りていないものに目を向けて、ないものねだりをしてしまうことはないだろうか。意味がないとわかっていても、コンプレックスに思ってしまっているのだ。


画像をもっと見る

 

■「ないものねだりをしてしまう」4割も

しらべぇ編集部では全国10〜60代の男女1,733名を対象に、「性格について」の調査を実施。

ないものねだりをしてしまうグラフ

「ないものねだりをしてしまう」と答えた人は、全体で41.1%だった。


関連記事:自分の収入を打ち明けられる? 公務員は4割が「家族以外の知人にも言える」

 

■若い女性はないものねだり

性年代別では、ほとんどの年代で男性よりも女性の割合が高くなっている。

ないものねだりをしてしまう性年代別グラフ

さらに女性は、年代が下がるほど割合が増えているのが印象的だ。

「もっとかわいくなりたいし、スタイルもよくなりたい。自分には持っていないものが多いと思っているから、ないものねだりばかりしている」(20代・女性)

次ページ
■ないものよりも自分らしさを

この記事の画像(3枚)