小島みなみ、食事会で嫌いな物が出てきたら… 予想外の回答が飛び出した

仕事の都合上、食事をご馳走になる機会が多いという相談者。しかし、嫌いな食べ物が出てきたときに困ってしまい…。

エンタメ

2019/12/10 10:00

小島みなみ

小島みなみちゃんが、しらべぇラジオのリスナーから寄せられたお悩みに真面目にお答えするコーナー「小島みなみのキラキラ相談室」。今回は好き嫌いに関するお悩みが寄せられている。



 

①嫌いな食べ物が出てきたら?

「仕事上の付き合いで食事をご馳走になることがあります。そんなときに、苦手な食べ物が出てきて困ってしまうことがあります。残すのは相手に失礼ですし、かと言って無理に嫌いな物を食べるのもツラいです。みなみさん、なにかいい方法はありませんか?」


そばアレルギーがあるみなみちゃん。そば以外食べられないものは特にないようだが、嫌いな食べ物が出てきたシチュエーションを想像して回答してくれた。


関連記事:小島みなみ、結婚を考えていた彼氏に振られた女性への接し方を解説

 

■みなみちゃんの回答は…

もし苦手な食べ物が出てきた場合みなみちゃんは、「うわ~苦手なんですこれ~! でも食べてみます!」と頑張ってひとくち食べてみるそうだ。

そこで「これならいける!」となるのであれば頑張ってそのまま食べ、本当にツラいようであれば「やっぱり無理でしたごめんなさい! って言って人のお皿の上に乗っけちゃいますね…」と対処法を紹介。

しかし、カタい雰囲気の食事だった場合は、大きい声で明るく言ってしまうと「空気が読めない」となってしまうこともあるだろう。

そんな時は、「そっとポッケにしまって隠しちゃう…」とみなみちゃんらしいお茶目なアドバイスが。次の食事会ではぜひ試してみてはいかがだろう。

・合わせて読みたい→小島みなみ、既婚者に恋をした男性のその後 「え、チャンスじゃない?」

(文/しらべぇ編集部・稲葉 白兎