新しいことに挑戦する時の心境は… 高収入層ほどポジティブに挑む?

たとえうまくいかなくても、挑戦する勇気を持つことは大切なことだろう。

ライフ

2019/12/15 20:30

ポジティブ
(TakakoWatanabe/iStock/Getty Images Plus/写真はイメージです)

新しいことを始める時というのは、誰しもが期待と不安が入り混じった気持ちになるものだろう。うまくいけば現状を打破し大きく成長することもできるが、失敗してしまい多くのものを失うかもしれないというリスクもある。

では実際、世間の人たちは新しいことに挑戦する時、どのような心持ちなのだろうか。


画像をもっと見る

 

■どちらかというとポジティブ?

しらべぇ編集部が、全国10代~60代の男女1,754名を対象に「新しいことに挑戦する時の心境」について調査を実施。

新しい挑戦心境

その結果、もっとも割合が高かったのは、どちらかというとポジティブな人で41.7%、どちらかというとネガティブな人が32.2%、ポジティブが14.0%で続き、もっとも割合が低かったのはネガティブな人で12.1%であった。


関連記事:スタイルを維持するのは難しい? 高年収ほど割合が低い結果に

 

■若年層と60代は…

では、新しいことに前向きな気持ちで挑める人の割合を男女年代別に見てみよう。

新しい挑戦心境

もっとも割合が高かったのは、10代女性で21.2%。20代男性が18.6%で続く。女性は10代、男性は20代の割合が高く、男女ともに若年層と60代の割合が高い傾向がある。

若者は新しいことにもリスクを恐れず挑戦できるが、安定した環境を手に入れるようになると次第に、環境を変化させることに対する不安を強く感じるようになるのかもしれない。


■積極的だと成功?

さらに、新しい挑戦にポジティブな人の割合を年収別に見ていくと…

新しい挑戦心境

もっとも割合が高かったのは年収700~1000万の人で21.1%。500~700万の人が19.3%、年収1000万以上の人が19.%で、高収入層の割合が高い傾向が判明。

新しいことにも積極的な気持ちで挑戦できる人は、成功する可能性も高くなるのだろうか。

・合わせて読みたい→店員同士の世間話に違和感? 30代以上女性の6割が不満を抱いていると判明

(文/しらべぇ編集部・赤坂

【調査概要】
方法:インターネットリサーチ「Qzoo
調査期間:2019年8月9日~2019年8月14日
対象:全国10代~60代の男女1754名 (有効回答数)

この記事の画像(4枚)