有吉弘行、役者として評価されるアンジャ児嶋に本音 「芝居上手とは思わない」

『有吉弘行のSUNDAY NIGHT DREAMER』で有吉弘行が役者業に励む先輩芸人のアンジャッシュ・児嶋一哉に向けて本音を吐露して…

エンタメ

2019/12/16 13:30

児嶋一哉

15日放送『有吉弘行のSUNDAY NIGHT DREAMER』(JFN)にはアンジャッシュ・児嶋一哉が登場。有吉弘行が役者業に精を出す先輩芸人・児嶋への本音を漏らした。



 

◼役者のオファーが殺到?

ドラマ・映画などに役者として出演し、高い評価を受けている児嶋。有吉は「本当に役者の仕事ばっかりやってません? すげぇ役者のオファーないですか?」と尋ねる。

児嶋が「いただいてる、ありがたいことにね」と謙遜すると、有吉が間髪入れず「なんでですかね? そんな俺は(芝居が)ウマいとは思わないんですけどね」と本音を漏らす。児嶋は「ウマいんだよ!」と売り言葉に買い言葉で反論した。


関連記事:有吉弘行、アンジャ渡部に悪口言い続けても「怒られない方法」明かす

 

◼児嶋はなぜ求められる?

有吉は、コントもやるお笑い芸人に芝居が下手な人はほとんどいないとしながら、「児嶋さんがズバ抜けてウマいって感じはない」と指摘。

児嶋も「ズバ抜けてウマいとは思ってない」と肯定しつつ、「芸人が呼ばれるのは、アクが強いキャラが欲しいか、ちゃんと物語にスッと入っていけるキャラが欲しいかがある」と分析。

自身は後者だとして「多分(作品の)邪魔をしないんだよ。変な個性も出さないし、ちゃんとやってるんだと思う」と強調する。

この児嶋の主張を受け、有吉は「誰でもいい。演技はこう言っちゃなんだけど俺でもできるんじゃないかなって思うわけ」と熱弁すると、児嶋からは「誰でもいいって言い方おかしいだろうが」とツッコミが飛んだ。

次ページ
◼リスナーも満足