『スッキリ』加藤浩次、除夜の鐘へのクレームをバッサリ 「本当それ」

『スッキリ』除夜の鐘へのクレームに対し、加藤浩次が疑問を投げかけている。

エンタメ

2019/12/18 12:30

加藤浩次

もうじきクリスマス本番を迎えるが、聖夜がすぎるとあっという間に年の瀬に。近頃は、この時期の伝統行事である除夜の鐘に対するクレームが発生しているようだ。



 

■除夜の鐘は迷惑?

人が持つと言われる煩悩の数と同様に、108回撞くのが主流となっている除夜の鐘。「ゴーン」という鐘の音を聞くことで、一年の終わりをしみじみと感じる人も多いだろう。

18日放送の『スッキリ』(日本テレビ系)では、除夜の鐘を巡るお寺と近隣住民のトラブルに注目。「音がうるさすぎる」というクレームを受け、「防音パネルを設置する」「深夜0時以降は鳴らさない」といった対応を求められたお寺もあるという。


関連記事:「除夜の鐘はうるさいから止めろ」のクレーム 各寺院の現状と対策とは

 

■手厳しいクレームの内容に…

お寺側に対する厳しい意見を受け、MCの加藤浩次は「僕自身はお寺の近くに住んだことがないので、実際の音を体験してないんですが…」と前置きしつつ、「お寺があること分かって引っ越して来てるんですよね? 100年以上前からお寺があるわけだから」とコメント。

例年どおり除夜の鐘を行なうことに賛成する姿勢を見せ、「なんでも苦情をとりあげすぎな気がするんだよなぁ…」と渋い表情を浮かべている。

次ページ
■除夜の鐘を支持する人からは…