『スッキリ』加藤浩次、除夜の鐘へのクレームをバッサリ 「本当それ」

『スッキリ』除夜の鐘へのクレームに対し、加藤浩次が疑問を投げかけている。

エンタメ

2019/12/18 12:30


 

■除夜の鐘を支持する人からは…

加藤の意見に対し、視聴者からは「本当それ。最近はマイノリティのクレームが世間の総意みたいに扱われてる気がする」「私はお寺の近くに住んでるけど、年に1回だし全然気にならないな」といった声が上がっている。

クレームの発生が数件確認されているものの、日本古来の文化に愛着を抱いている人は多いようだ。


関連記事:注文された料理を提供すると… 「男性客が放った一言」に耳を疑う

 

■日本のクレーム事情

「鐘の音がうるさい」というクレームに端を発する今回の問題。しらべぇ編集部が全国20〜60代の男女1,344名を対象としてクレームに関する調査を行なったところ、「日本はクレーマー天国になっていると思う」と回答した人は全体の75.9%と判明している。

クレーマー

考えや価値観は時の流れとともに変わっていくもの。昔から続いていた伝統行事も、今後は思わぬ要素がクレームの対象となってしまうかもしれない。

・合わせて読みたい→加藤浩次、深刻化するカスハラ被害に怒り 「上司に聞かせたい」と反響相次ぐ

(文/しらべぇ編集部・秋山 はじめ

【調査概要】
方法:インターネットリサーチ「Qzoo」
調査期間:2018年8月31日~2018年9月3日
対象:全国20代~60代の男女1,344名 (有効回答数)