サンド伊達、お笑いエリートと寿司を食べて心境明かす 「羨ましい…」

サンドウィッチマン・伊達みきおが寿司をご馳走した相手とは…。綴られたエピソードに多くのファンが感動している様子。

エンタメ

2019/12/19 05:45

サンドイッチマン・伊達みきお

お笑いコンビ・サンドウィッチマンの伊達みきおが自身のブログを更新。お笑いエリートと寿司を食べたときに感じたという、自身の気持ちを綴って話題を呼んでいる。



 

■一緒に食べた相手は…

18日に投稿された記事によると、伊達は同事務所の後輩コンビ・東京ホテイソンの2人を連れて寿司を食べに行ったようだ。同コンビはM-1グランプリ2019の敗者復活戦に出場することが決まっており、そんな後輩に対して伊達は「めちゃくちゃ旨いお寿司を沢山食べたので、全力を出し切ってくれるだろう」と期待を寄せている。

まだ25歳という若さの2人に対し伊達は、「我々とは比べ物にならないほどのエリート」「サンドウィッチマンが30歳を過ぎたときくらいの経験を、早くも彼らはしている。 それだけでも本当に立派。そして羨ましい」と自身の心境を綴っていた。


関連記事:サンド・伊達の後輩との食事風景に驚きの声 「厳しい」「パワハラ」との指摘も

 

■後輩想いの伊達に対し…

面倒見の良い伊達らしいエピソードだが、東京ホテイソンに対する激励の言葉からは先輩後輩という枠を超越した「芸人」としてのリスペクトも感じられる。

投稿された記事に対し、ファンからは「絶対応援します!」「サンドの後輩を母のような心境で見守っています」といったコメントが多数寄せられていた。


■「先輩」という財産

自分を成長させてくれる先輩は、誰もが必ず出会えるわけではない貴重な存在。後輩想いな伊達の様子を見て、感動したファンも多いことだろう。

しらべぇ編集部が全国10〜60代の男女1,653名を対象に調査したところ、「尊敬できる先輩がいる(いた)」と回答した人は全体の32.7%と判明している。

尊敬できる先輩がいる・いた

敗者復活戦が行なわれる22日は、東京ホテイソンにとってはまさに運命の日。伊達の期待に応え、決勝進出へと駒を進められるのだろうか。

・合わせて読みたい→サンド伊達、旅行先での変装にツッコミ殺到 「バレバレ」「隠す気ゼロ」

(文/しらべぇ編集部・秋山 はじめ

【調査概要】
方法:インターネットリサーチ「Qzoo
調査期間:2019年8月9日~2019年8月14日
対象:全国10~60代の男女1,653名(有効回答数)