森七菜、カレンダーを作るきっかけは新海誠監督 「見たいと言われて」

タレントの森七菜が2020年カレンダー発売記念会見を開いた。

森七菜

女優の森七菜が『2020年カレンダー発売記念お渡し会』に登場した。


画像をもっと見る

 

■大きいサイズにびっくり

イベントで彼女は「自分より大きいサイズで、びっくり。ファンのみなさんが飾ってくれるのかと想像すると面白い」と頬が緩む。

去年1年間を通して撮りためていたものをカレンダーにしたといい、「同じカメラマンがずっと何枚も撮りためてくれてた」とカメラマンに感謝の言葉を口にする。


関連記事:森七菜、高校サッカー大分代表校の生徒と明かす 「すごい確率だ…」

 

■新海誠監督の一言から始まった

森七菜

カレンダーを作ろうと決めたのは、新海誠監督の一言だった。「お会いした時に、『見てみたい』と言われて…。完成したものを持って帰ってもらうには申し訳ないので(なんとか届けるようにする)。メッセージは添えます」と話す。森は新海監督の映画『天気の子』に出演していた。

大分県に住む両親のもとにも「まだ送ってない。大きいので笑ってくれるかも」と照れ笑い。


■1年を振り返り…

森七菜

今年1年を振り返り、「芝居だけじゃなくて、高校サッカーのマネージャーとかやらせてもらって、毎日楽しい」と充実した1年になった。

クリスマスは「お仕事。家族となにかしたかった」としつつも、「マネージャーと宅配サービス頼んで自宅でクリパしたい」と話した。

・合わせて読みたい→『紅白』RADWIMPS、パフォーマンスに賞賛も「次は3年後」の声が出るワケ

(文/しらべぇ編集部・しらべぇ編集部 撮影/KEN)

この記事の画像(3枚)