『水ダウ』罰ゲーム後のクロちゃんの様子に異変 「心配」「放送事故?」

『水曜日のダウンタウン』生放送で執行されたクロちゃんへの過酷すぎる罰ゲームが話題に。

エンタメ

2019/12/26 05:00

クロちゃん

25日放送の『水曜日のダウンタウン』(TBS系)では、毎度視聴者から悲鳴が上がる衝撃企画「MONSTER IDOL」の最終回を放送。クロちゃんの様子に、視聴者からは心配の声が寄せられている。



 

■熱湯と冷水を交互に…

アイドル候補生たちが、プロデューサー・クロちゃんの指導のもと腕を磨き、最終的にプロを目指すという本企画。前回放送では、最終的に4人のメンバーが決定し、見事デビューシングルのリリースが決定した。

肝心のCDだが、クロちゃんのプロデューサー「続投」「解任」「解任と罰」の3種類に分かれており、なんと購入者の意志を投票できるシステムとなっている。発売から約1週間が経った今回放送では、「解任と罰」が一番多く売れたことが明かされ、生放送にて罰を執行することに。

その内容とは、メンバーが客席に向けて歌を披露するなか、宙吊りになり、熱湯と冷水、それぞれ入った浴槽に頭から交互に突っ込んでいくという過酷なものだった。


関連記事:『水ダウ』連載企画でクロちゃんの一部放送カットに唖然 「怖すぎる」

 

■「事前にお医者さんと相談」

歌が終わると同時に解放されるも、しばらく起き上がらないクロちゃん。この放送までアイマスクをしていた影響もあるのだろうが、その目は異常に釣り上がっている。

スタッフに促されフラフラとステージに上がるも、メンバーを睨みつけ、よたよたと近寄ろうとするなど、とにかく様子がおかしい。MCたむらけんじが「事前にお医者さんと相談して…」と解説するも、妙な空気に。

最終的には丸く収まり、ハッピーエンドに終わりかけたが、「俺がプロデューサーやりたかった」と泣きつくクロちゃんの声は、異様なまでにガラガラだった。

次ページ
■「目の焦点が…」と心配の声