千鳥大悟、番組企画でツイッター開設 注目の初投稿は…

『チャンスの時間』(AbemaTV)が25日に放送され、番組企画の中で、大悟がツイッターを開設したことが明らかになった。

エンタメ

2019/12/27 07:15

千鳥・大悟

お笑いコンビ「千鳥」がMCを務める『チャンスの時間』(AbemaTV)が25日に放送され、番組企画の中で、大悟がツイッターを開設したことが明らかになった。



 

■「大悟ツイッター始動プロジェクト」

番組では、これまで一切SNSをやってこなかった大悟に、ツイッターをはじめさせるという「大悟ツイッター始動プロジェクト」を開催した。

大悟は手こずりながらも、アルコ&ピースや相方のノブからアドバイスをもらい、プロフィールやアイコンなどを作成。なんとかツイッターデビューすることに成功した。

ノブから「ちょこちょこやってみたら?」と更新を促されると、大悟は「月に1回とか…」と前向きな姿勢を見せた。


関連記事:千鳥・大悟、駄菓子企画で衝撃事実が判明 「懐かしいって言ってたけど…」

 

■注目の初ツイートは…

初ツイートの内容は、「島におるときゃあ、こんなモンするとは思わなんだわ。初つぶやきじゃ!」と、方言を交えた文章に決定。併せてアップする写真は、ノブの提案でコンビの2ショットに。大悟がノブにキスしてるように見える1枚を添えて投稿された。

なお、番組は25日に放送されているものの、生放送ではないため、初ツイートは収録日と思われる11月14日になっている。

次ページ
■自作のマンタの絵も投稿