本格炭火のうなぎが550円から楽しめる『宇奈とと』が最高だった

宇奈ととで本格炭火うな丼

グルメ

2019/12/30 17:00

思い出したように、うなぎを食べたくなるときはないだろうか。しかし、本格的な専門店で食べるとなると、なかなか値が張ってしまうのがネックになる。かと言って、コンビニやスーパーの商品だと、期待に膨らんだ舌を満足させることができないことも多い。

そんな経験をしたことがある人には、ぜひ一度、本格的なうなぎを味わうことができる『宇奈とと』に行ってみてほしい。


画像をもっと見る

 

■「安い・早い・旨い」をモットー

宇奈とと

『宇奈とと』は東京と大阪、そして海外にチェーン展開しており、「安い・早い・旨い」をモットーにしている。今回は、記者の自宅から一番近い立地にある北千住店を訪れた。

お店の入り口横では、炭火でうなぎを調理するところを見られる。備長炭の炭火で焼き上げることによって、ふっくらと香り豊かに仕上げることができるとのことだ。


関連記事:『ケンミンSHOW』で紹介の“厄除け団子”  その見た目に注目集まる

 

■「うな丼」(税込550円)から提供

宇奈とと

「うな丼」(税込550円)やうな重(税込880円)といったメニューがあるのだが、今回はお店一番人気だという「うな丼ダブル」(税込1,000円)を注文してみることにした。


■ふわふわジューシーで激ウマ

宇奈とと

「うな丼ダブル」はうなぎの切り身が二切れ。値段が値段だけに仕方ないのだが、一見少し寂しさを感じてしまう人もいるかもしれない。

宇奈とと

箸を入れるとすぐわかるのだが、うなぎの身はふわふわ。脂のジューシーさもしっかりと感じられ、特性たれのしっとりとした甘さと抜群にマッチする。また、皮の部分がぬるっとした食感になってしまったうなぎもあるが、『宇奈とと』は香ばしい仕上がりだ。

熱々で、しかも炭火で調理されたうなぎを550円から食べられるということもあり、同価格帯のものとは一線を画すと思われる『宇奈とと』のうなぎ丼。近くに店舗があるという人はぜひ足を運んでみては?

・合わせて読みたい→フランス人、日本の田舎で『焼きたてパン』を食べてヘブン状態になる

(文/しらべぇ編集部・野瀬 研人

この記事の画像(4枚)