沢尻エリカ被告裁判に大量の”傍聴券バイト” 「テレビ局の予算減った」との声も

初公判は31日15時に開廷される予定。限られた傍聴券を求めてTV局のアルバイトが大量に…

話題

2020/01/31 13:40

沢尻エリカ

31日15時から開廷される、沢尻エリカ被告(33)の麻薬取締法違反についての初公判。トップ女優が突如逮捕された薬物事件ということもあり、わずか19席の傍聴券をめぐっては「かなりの高倍率になるのではないか」との予測報道も行われていた。


画像をもっと見る

 

■酒井法子裁判の半分以下

沢尻エリカ

傍聴券は、まず9時半から11時まで日比谷公園で整理券(リストバンド式)が配布され、11時半に当選結果が発表される仕組み。東京地裁の発表によれば、約117倍という倍率だが、同じく過去に覚醒剤取締法違反で逮捕されたトップ女優の際の半分以下の倍率だった。

先に報じたように、たしかに10時前後にはほぼ待機列はなく、締切直前でも待ち時間は最大で10分弱という短い待機列ではあった。しかし、しらべぇ編集部でも数名の記者が並んだものの、皆あえなく落選。


関連記事:沢尻エリカ被告の初公判、高倍率が予想された傍聴整理券の待機列は意外にも…

 

■マスコミのバイトが大量に

沢尻エリカ

整理券配布には見られなかった行列が、公園内の別の場所では大集結していた。彼らは、テレビ局などマスメディアが雇ったアルバイト。各社がそれぞれの場所で整列させ、当選発表の時を待つ姿が見られた。一般の記者に傍聴券が当選しないわけである。

しかし、このバイトにも以前とは変化が起きているようだ。


■テレビ局の予算が減った?

裁判ウォッチャーとしての活動でも知られるお笑い芸人の阿曽山大噴火はツイッターを更新。酒井法子裁判と今回を比較した上で、「傍聴希望者数はTV局がどれだけ並ばせるか次第なのでこの11年間でテレビ番組の予算がどれだけ減ったかという話なのだが」とツイートした。

一見、大量に見えるアルバイトたちも、マスメディア不況の影響のせいか減少の傾向があるようだ。

・合わせて読みたい→沢尻エリカ被告、入廷時の格好に圧倒 「化粧バッチリ」「体のラインが…」

(取材・文/しらべぇ編集部・タカハシマコト

この記事の画像(6枚)