林修氏が新型コロナ問題でワイドショーを批判 TV報道はどうあるべきか

『林修の今でしょ!講座』の新型コロナ問題についてテレビ報道批判を導入としながらテレビ報道の現状を評価する。

エンタメ

2020/03/22 17:40

林修

新型コロナウイルス関連の報道が続く中、10日放送の『林修の今でしょ! 講座』(テレビ朝日系)では、林修氏によるワイドショー批判が行われた。 今回、TV報道はどのような役割を担ったのだろうか。



 

■林氏のTV報道批判

林氏は「テレビ観てるとねぇ、素人がネットで聞きかじった情報であーだこーだ言って、あの時間みんなムダなんですよ。感染症の専門の方の意見だけが聞きたい」と言っている。

新型コロナ報道で一部から批判も寄せられている、同じテレビ朝日系列の『モーニングショー』への批判ではないかとも言われるのだ。

3月20日、厚生労働省の新型コロナウイルス対策本部会議が大阪府と兵庫県で感染の急激な増加を試算しているものの、これまでは日本では新型コロナの感染を抑えられている状況にある。


関連記事:高須院長、「首相いじめてコロナ対策の邪魔するの止めて」 発言には賛否分かれる

 

■比較に基づく冷静なやり取り

林氏は感染症の専門家である堀賢教授に「昨年のインフルエンザの死者数と比較したとき、新型コロナウイルスはそれほど恐ろしいのか?」と質問。

さらに、「ここまでいろんな経済活動を止めてまで恐れなければならない病気なのか」との問いに、堀教授は「日本においてはそれほど怖くないというのは正しい」と回答した。

つまり「致死率がそれほど高くないので、世界的に流行してきている風邪のようなもの」であると。

次ページ
■足を引っ張るワイドショー