「無断駐車歓迎」 心やさしき店長がこの試みを始めた理由とは

群馬県の飲食店のオーナーは、過去に駐車をめぐり不快な気分に陥ったことから、「無断駐車歓迎」と掲げた看板を設置している。

2020/03/30 08:40


 

■実際に混むことも

12台ほどの駐車スペースがある同店の駐車場は、年に2回ほど混むことがあるという。いずれも店から少し歩いた場所で、枝垂れ桜が咲き誇る春と、花火が打ち上がる夏だ。

ツイッター上で拡散されていることに、中島店長は頬が緩む。「今回、みなさんに興味を持ってもらえました。この看板を見て、少しでも優しい気持ちになってくれたら幸いです」。


関連記事:高嶋ちさ子、駐車にこだわったあまり大惨事 「壁際に車を停めたけど…」

 

■称賛の一方、恐縮も

ネット上では、「さすがグンマー心が広い」と絶賛する声があがる一方、「逆に律儀に駐車していいか聞きに行きたくなります」「こう言われると停められない私」とかえって恐縮してしまうという声も見られた。

「無断駐車歓迎」。看板の制作費はもちろん、駐車場の地代や管理にかかる費用などコストはゼロではないだろう。「世の中おもしろくしたい」と笑う中島店長の人柄が、この前代未聞のサービスを生んでいる。

・合わせて読みたい→幼稚園の駐車場で車をバックさせたら… 「親子の光景」にゾッとした

(文/しらべぇ編集部・Sirabee編集部

→Amazonプライム会員だけが参加できる! 年に一度のビッグセール「プライムデー」7月12、13日。初回会員登録は30日無料。

駐車場飲食店不快群馬県歓迎無断駐車駐車
シェア ツイート 送る アプリで読む


人気記事ランキング