岡山県総社市が販売するデニムマスクが話題に 「全国から3万枚以上の注文受けている」

総社デニムマスクが大反響を呼び全国から注文が殺到。製作者が、現在全力製作中。

2020/04/04 08:20

総社デニムマスク
(写真提供 総社市役所)

菅官房長官は、3日午前の記者会見で、政府のマスク配布について、「迅速さを重視する観点からまず全ての住所に2枚ずつ配り、その後に状況に応じて必要な分を追加する」と説明。「アベノマスク」政策は、相変わらずの炎上中だ。

そんな中、岡山県総社市が販売する「総社デニムマスク」がSNS上で話題を呼んでいる。しらべぇ取材班は、担当者から詳しく話を聞いた。



 

■市長のツイートが大反響

総社市の片岡市長が、「総社市が障がい者と共に作る総社デニムマスク。今日から全国発売します。どうぞお買い上げください」と、1日にツイートしたところ、大反響。

返信欄には、「全国販売、ありがとうございます」、「マスクが入手困難になり、高齢者の親の為に注文させていただきました」や「総社市長、職員素晴らしい」といった声が寄せられている。その投稿には、3日午後3時現在、2.7万件のいいねが押されている。


関連記事:マスク難民続出で「自分で作るしかない」と話題 経産省は「一日も早く流通させたい」

 

■全国から注文が殺到

総社市役所福祉課によると、3月16日から、市役所で発売を開始したところ、80枚が即日完売。その後、一旦販売をストップし、在庫を確保した上で、26日から4月3日まで限定で、1日につき、80枚づつの販売を行った。

市役所には、毎日マスクを求めて、行列が出来たため、整理券方式の発売に切り替えたが、全ての日程で、即日完売したという。6日からは、予約販売のみとなるが、すでに全国から注文が殺到しており、その数が3万枚を超えているとのこと。

→【楽天スーパーSALE】今年最後のビッグセール! 12/4(日)20:00~12/11(日)01:59

次ページ
■市のサイトで予約受付中
SNSツイッターマスク岡山県菅官房長官新型コロナ総社市アベノマスク総社デニムマスク
シェア ツイート 送る アプリで読む


人気記事ランキング