闘病中の笠井信輔アナ、退院を報告 自宅では「セルフロックダウン」

悪性リンパ腫で闘病中の笠井信輔が4月30日、自身のインスタグラムを更新し、退院したことを報告した。

2020/05/01 06:30


笠井信輔悪性リンパ腫で闘病中のフリーアナウンサー・笠井信輔が4月30日、自身のインスタグラムを更新し、退院したことを報告した。


 


 

■昨年12月から入院

昨年12月から入院していた笠井アナはこの日「退院しました!4ヶ月半ぶり。途中1日だけ外泊があったので、正確には2ヶ月半ぶりの外の空気です」と報告。

全身で太陽の光を浴びている写真を掲載し「すがすがしくてとても気持ちが良かったです」と喜びをつづった。


関連記事:笠井信輔アナ、妻との意外な馴れ初めに「最低男のレッテル」貼られる

 

 

■自宅では「セルフロックダウン」

自宅では、「自室にこもり、家族とも、なるべく接触をしないように暮らします」と、新型コロナウイルスの感染を防ぐため「セルフロックダウン」を実施しているそう。夕食は、妻がつくってくれた鶏の唐揚げ。「やっぱり我が家の味が1番です」と感想を記した。

ただ、疲れ切っているようで「さっきまでベッドの上で寝落ちしてました(笑)足がこれ以上ないくらい筋肉痛で、今日はもう寝ます」とし、「おやすみなさい」と呼びかけて締めくくった。

https://www.instagram.com/p/B_m8CIhptMD/


関連記事:笠井アナ、『鬼滅の刃』キャラの自作イラストを公開 「大人買いすべき?」

 

 

■退院の日を迎え「大切に生きて行かなきゃ」

抗がん剤治療を受けるなど、約4カ月半に及んで闘病生活を続けてきた笠井アナ。同日更新したブログでは「『場合によっては、入院は1年は覚悟してください』と、担当の先生には言われていたので、嘘のようです」と、予定より早く退院できたことを喜んだ。

また、Apple社の創業者で、11年に亡くなったスティーブ・ジョブズ氏(享年56)の「最後の言葉」という動画をアップ。

「私が、悪性リンパ腫の告知を受けて、入院生活を送ったのも56歳…先日、誕生日を迎え57歳になりました。新しい命をもらって、新たな第一歩を踏み出すにあたり、このジョブズの言葉がとても心に響きます。いろんなことを大切に生きて行かなきゃいけないなと。退院の日を迎えて、今思っています」としみじみつづった。

笠井アナには、退院しても無理をせずに、ゆっくり体を休めてほしい。

・合わせて読みたい→北海道の商店街の様子に心配の声 「天然ロックダウンしてる…」

(文/しらべぇ編集部・荒井どんぐり

Amazonタイムセール&キャンペーンをチェック!

ブログインスタグラムスティーブ・ジョブズ悪性リンパ腫笠井信輔退院新型コロナウイルスロックダウン
シェア ツイート 送る アプリで読む

人気記事ランキング