抱え込むとメンタルがやられるのに… 「助けを求めるのが苦手」6割も

なんでも一人で抱え込んでいると、メンタルがやられてしまう。周囲の人に助けを求めることは、とても大切なのだ。

人間関係

2020/05/06 09:20

つらいときなどに、助けを求めることは重要である。しかし内向的な性格などの理由から、うまく他人を頼れない人も多いだろう。


画像をもっと見る

 

■「助けを求めるのが苦手」6割弱

しらべぇ編集部では全国10〜60代の男女1,789名を対象に、「性格について」の調査を実施した。

人に助けを求めるのが苦手グラフ

「人に助けを求めるのが苦手だ」と答えた人は、全体で58.8%だった。


関連記事:気が強い人は周囲からどう思われる? Mっ気がある男性からの回答は…

 

■気が強い性格のため

性年代別では、多くの年代で男性よりも女性の割合が高くなっている。

人に助けを求めるのが苦手性年代別グラフ

気が強い女性は、弱い部分を見せたくないという。

「普段は気の強い性格で通っているために、人に弱い部分を見せたくないと思っている。周囲に強いことばかり言っているので、いざというときに頼れる人がいないのもあるけれど…。


そのために困ったときにも、すべてを自分一人で抱え込んでいる。この性格は、きっと直らないと思う」(20代・女性)

次ページ
■メンタルがやられることも

この記事の画像(3枚)