キンコン梶原、アンチユーザーの“うそ”に激怒 「どう考えてもアカン」

ユーチューバー・カジサックとしても活躍する、「キングコング」の梶原雄太が、アンチユーザーの“うそ”に激怒した。

エンタメ

2020/05/08 15:20

ユーチューバー・カジサックとしても活躍する、お笑いコンビ「キングコング」の梶原雄太が7日、自身のツイッターを更新。アンチユーザーの“うそ”に激怒した。



 

■「嘘は許しません」

怒りをあらわにしたのは、あるユーザーのツイート。梶原が有料ブログで、雨上がり決死隊の宮迫博之とは「コラボすることは今後一切ありません」と宣言していたという内容だ。

梶原は、この投稿を引用し「嘘はやめて下さい。嘘は許しません。僕は『今後一切コラボしません』なんて楽屋で言ってません」と、事実とは異なると情報だと説明した。


関連記事:武井壮、SNSのブロック機能への持論に共感集まる 「本当それ!」

 

■怒りおさまらず…

続けて「ホント酷いですよね。小部屋での叱咤は受け止めさせて頂いてます。ただ、こういうのは受け止めれない。こういう人を僕は『アンチ』だと思います」と不快感をあらわに。「この嘘はどう考えてもアカン。なぜそんな嘘を書いたかだけ教えてもらってもいいですか??」と詰め寄った。

その後、話し合いはできなかったようだが「これだけはお願いします。今後嘘はやめて下さい。僕が楽屋を作ってから今まで、そんな事を言った事、書いた事はありません。宜しくお願いします」と呼びかけた。


■ミュートでアンチ対策

このやりとりを見たファンからは「アンチはミュートされることを強くお勧めします。見るだけでも負の感情に余計なエネルギー使ってしまいますので、やりとりするのも疲れてしまいます」とのアドバイスが。

それに対し、梶原は「ありがとうございます! いい機会なので、、僕が思う『アンチ』にはめちゃくちゃミュート使ってます なので、ただただ意味なく僕を傷つけたい人の言葉。僕には届きません」と、アンチユーザーへの対策を明かしていた。

・合わせて読みたい→キンコン梶原、YouTubeをしばらく休止 その理由に「カッコよすぎる!」

(文/しらべぇ編集部・RT