2人に1人が心の狭さを自覚 「気づいてさえいない人がほとんど」との声も

広い心を持って、たくさんの人と親しくなりたいものである。しかし実際には、狭い心で悩んでいる人も多いようだ。

人間関係

2020/05/10 19:30

子育て
(itakayuki/iStock/Getty Images Plus/写真はイメージです)

できることならば広い心を持って、たくさんの人と仲良くしていきたいものである。しかし現実には、心が狭くて悩んでいる人も多いだろう。


画像をもっと見る

 

■「自分の心は狭い」半数近く

しらべぇ編集部では全国10〜60代の男女1,798名を対象に、「自分の性格について」の調査を実施。

自分の心は狭いほうだと思うグラフ

「自分の心は狭いほうだと思う」と答えた人は、全体で49.9%だった。


関連記事:人の幸せを願う余裕がない… 「心のどこかで嫉妬してしまう」との声も

 

■夫婦喧嘩では夫に甘えて

性年代別では、ほとんどの年代で男性よりも女性の割合が高くなっている。

自分の心は狭いほうだと思う性年代別グラフ

とくに夫婦喧嘩のときに、心が狭いと感じてしまうという女性も。

「夫婦喧嘩の理由も、きっかけは本当に些細なことがほとんど。それも私のほうがあれこれと言い出したせいで、こじれてしまうパターンが多い。


外ではとても温厚な人に見られるから、夫が相手だと甘えている部分もあるのだと思う。ただ夫に申し訳ないので、もっと大きな心を持たないと」(30代・女性)

次ページ
■たとえ広い心を持っていても

この記事の画像(3枚)