櫻井翔が発した「懐かしの子供番組」にネット騒然 まさかのトレンド入り

『VS嵐』櫻井翔が電話出演し、かつてフジテレビ系で放送されていた子供向け番組『ウゴウゴルーガ』の名前をぽつり。まさかのトレンド入りする事態に…。

エンタメ

2020/05/15 05:30

櫻井翔

14日放送の『VS嵐』(フジテレビ系)に嵐の櫻井翔が電話出演。おもに30代以上の世代に馴染みのある子供向け番組の名前を出し、大きな反響を呼んでいる。



 

■『ウゴウゴルーガ』で笑いを誘う

新型コロナウイルス感染防止のため、この日メンバーたちはそれぞれ別の部屋からリモートで出演。番組収録は4月28日に行なわれたのだが、27日に微熱のあった櫻井は、この日も大事を取って電話にて番組出演することに。「すいませんね 今日お伺いできなくて」と謝罪する櫻井に、メンバーたちは「大丈夫なの?」と心配の声をかける。

なお、櫻井の体調は「すこぶる元気」だったようで、CGによって合成されたカラフルなスタジオについて触れて「だって今日アレでしょ? 『VS嵐』じゃなくて『ウゴウゴルーガ』の撮影って聞いたけど」と、同局で1992年に放送されていた子供向け番組の名前を出して笑いを誘う余裕を見せた。


関連記事:櫻井翔、ゆず・北川悠仁から飲み会での姿を暴露され… 「最高すぎる」

 

■まさかのトレンド入り

『ウゴウゴルーガ』というまさかの番組チョイスに、メンバーからは「懐かしいな」「的な感じにはなってるけど」とツッコミが続出。

SNS上でも「ここでウゴウゴルーガをぶちこんでくる櫻井好感が持てるな」「わかる人、年齢バレるよ(笑)」「若い子はウゴウゴルーガは知らないって(笑)」といった声があがり、さらには「ウゴウゴルーガ」がツイッターのトレンド入りする事態に。

ユーザーからは「どうしてトレンド入りしてるの!?」「2020年にウゴウゴルーガをトレンド入りさせる櫻井くんすげぇな」といった驚きの声も多数あがっていた。


■数分の出演で圧倒的な存在感

『ウゴウゴルーガ』という意外なワードを持ち出し、メンバーたちの笑いを誘った櫻井。しかし、その後に披露した『ぶらり途中下車の旅』(日本テレビ系)などのナレーションでおなじみの故・滝口順平さんのモノマネでは、微妙なクオリティにメンバーたちも苦笑い。その流れのまま電話中継が終わってしまうのだった。

残念ながら番組冒頭だけの出演となった櫻井だが、懐かしの番組をトレンド入りさせてしまうほど、圧倒的な存在感を見せつけていた。

・合わせて読みたい→嵐・櫻井翔に中学時代からの親友が猛クレーム 「自分の手柄みたいに…」

(文/しらべぇ編集部・二宮 新一