暴行で逮捕のボビー・オロゴン容疑者 意外な本名と逮捕当日放送の番組が話題に

タレントから格闘家、実業家など様々なジャンルで活躍するボビー・オロゴン容疑者が妻への暴行容疑で逮捕された。

ボビー・オロゴン
(写真提供:JP News)

ナイジェリア出身で独特な日本語を話すことで人気のタレントのボビー・オロゴン容疑者が、16日、自宅で妻に暴行を加えたとして逮捕された。それに関連して意外な本名や出演番組への影響が大きな話題になっている。



 

■意外な本名が話題に

警察発表によれば、さいたま市の自宅で同居の妻の顔をたたいたとのこと。暴行の容疑で現行犯逮捕された。その際に発表された氏名は、「タレントのボビー・オロゴンこと近田ボビー容疑者」。

ボビー容疑者は2007年に日本国籍を取得しており、その際、カリム・アルハジ・オロゴンから近田(こんだ)ボビーに改名している。逮捕だけでも衝撃的だが、SNS上では「近田ボビーという本名も意外だった」「オロゴンのイメージしかない」という声も散見される。

「ボビー・オロゴン」は一時ツイッタートレンドのトップにもランクインした。


関連記事:出川哲朗、コロナ禍でイモト夫婦を心配 「家でずっと…」

 

■逮捕当日に番組放送

16日夜には、テレビ東京系列で『出川哲朗の充電させてもらえませんか?』が放送され、ボビー容疑者も出演。番組は、収録日を表示した上で通常放送された。

また、自身のキャリアを活かした『YOUは何しに日本へ?』や『お魚ぜんぶ獲ってみた』(ともにテレビ東京系)にも出演。ローカル番組でも活躍している。

ツイッターでは、「これからのテレ東どうするんだ」「地元のローカル番組に出ていたのに降板だな」といった落胆の声が多数見られた。


■本気で人を殴った経験者は…

総合格闘技『K-1』などに参戦し、ボブ・サップやチェ・ホンマン、曙などとも対戦経験があるボビー容疑者。元格闘家ということで、暴行の度合いも一般人とはやや異なるかもしれない。

なお、しらべぇ編集部が全国20〜60代の男女1,500名を対象に調査したところ、「本気で人を殴った経験がある」と回答したのは全体の19.7%にとどまっている。

本気で人を殴る

暴行を受けた妻に加えて、関係者や視聴者にも心配と波紋を拡げた今回の事件。真相究明が待たれる。

・合わせて読みたい→さすがテレ東! 出演者スタッフ「全員遠隔」の在宅バラエティを放送

(文/しらべぇ編集部・しらべぇ編集部

【調査概要】
方法:インターネットリサーチ「Qzoo
調査期間:2014年12月12日(金)~2014年12月15日(月)
対象:全国20代~60代の男女1,500名(有効回答数)

この記事の画像(2枚)