『スッキリ』メンバーがバンド結成 水卜アナのベース姿が「百点満点」だった

『スッキリ』メンバーがバンド企画をスタート。楽器を持つ水卜麻美アナの姿が…。

エンタメ

2020/05/20 12:30

水卜麻美アナ

20日放送の『スッキリ』(日本テレビ系)では、楽器練習に励むレギュラー陣の姿が登場。その出で立ちに大きな反響が上がっている。



 

■今回の新企画

「スッキリ バンドやろうぜ」と銘打たれた今回の企画は、その名の通り『スッキリ』メンバーたちが楽器を手にしてバンドを結成するというもの。

まずは各々が担当するパート決めからスタート。話し合いの結果、加藤浩次がギター兼ボーカル、水卜麻美アナウンサーがベース、近藤春菜がドラム、森圭介アナウンサーがギターを担当することとなった。


関連記事:水卜麻美アナ、長野旅行を満喫 「インスタ映えの極み」に到達してしまう

 

■練習風景の様子は…

ロックバンド『エレファントカシマシ』の楽曲『悲しみの果て』が課題曲に決定し、メンバーはそれぞれ自宅にて猛特訓を開始する。

ちなみにメンバーの中で経験者は森アナのみで、他の3人は初めて触る楽器に悪戦苦闘している模様。近藤は電子ドラムを組み立てるところからスタートし、加藤は軽音楽部でギターを弾いているという中学2年生の娘から楽器指導を受けていた。

次ページ
■水卜アナの「姿」が満点だった