マックの「期間限定シェイク」を手作りしてみたら激ウマだった

5月20日、マクドナルドから「森永ラムネ」との初のコラボレーション商品「マックシェイク森永ラムネ」が発売され注目を集めている。そんな同商品を徹底的に分析した。

グルメ

2020/05/21 10:20

マックシェイク

5月20日、マクドナルドから「森永ラムネ」との初のコラボレーション商品「マックシェイク森永ラムネ」が発売された。

4月に発売された「プッチンプリン」コラボに続く、マックシェイクの新味。スッキリ爽やかな飲むひんやりスイーツのお手並みを拝見させて頂きつつ、禁断の裏技を紹介したい。


画像をもっと見る

 

■2つのいいとこ取り

マックシェイク

この記事、後半になればなるほどゆるくなるので、まずは固めな情報から。

炭酸飲料の「ラムネ」は「レモネード」が転訛したものである。諸説あるようだが、それにあやかって口どけが良く甘みが強い錠菓「ラムネ」がその後誕生したと言われる。

「マックシェイク森永ラムネ」は、シェイクのクリーミーな味わいにそんなラムネの風味を加えたイメージ。とはいえ他のシェイクよりは甘さ控えめで、後味に爽快感があるように感じる。ラムネとシェイクのいいとこ取りでお互いの強みを生かしている逸品である。これはハマれる。


関連記事:ワンカップとハーゲンダッツで作る『ワンカップシェイク』が激ウマ

 

■本物の森永ラムネと食べ比べ

マックシェイク

続いて、本家「森永ラムネ」はどこまで再現されているか食べ比べる。

「森永ラムネ」は口に入れた段階では甘く、口の中で溶けてすぐ酸っぱさがやってきて、噛んでいると甘酸っぱさが増してくる。

今回のシェイクを飲むと、最後の「甘酸っぱい」部分を抽出して再現したような味に感じる。「森永ラムネ」のように噛む動作がないので一口目から甘酸っぱいのだ。これは素晴らしい再現度。

次ページ
■禁断の自炊作業…

この記事の画像(5枚)