ダンボール製手作り自販機キットが話題 巣ごもり需要で注文が10倍に

新型コロナの影響から売上を減らす企業が多い中、大ヒットしている工作キットの中身とは…

話題

2020/05/22 09:20

ダンボール自動販売機
(写真提供:hacomo)

新型コロナの影響で、売上を大きく減らす企業が多い中、巣ごもり需要で注文が大幅に増えた会社が、四国に存在した。また、その会社が作った動画が、SNS上で大きな反響を呼んでいる。しらべぇ取材班は、担当者から詳しく話を聞いた。


画像をもっと見る

 

■話題を呼ぶ自動販売機動画の中身

香川県東かがわ市にあるhacomoは、2010年設立の従業員10名の会社だ。ダンボールを製造しているほとんどの企業は、箱用のものを作っているが、この会社は、箱以外のダンボール工作キットなどの企画・製造・販売を手掛けている。引っ越し用ダンボールなどは、一切作っていない。

話題を呼んでいる自動販売機動画は、あくまでhacomoが考える仕組みを表現したという。

もともと、小さい自動販売機の工作キットを販売していたため、これをもとに実際の自動販売機を模して作成したとのことだ。



関連記事:「おばあちゃんの女性服工場を助けて」 医療用防護服製造の呼びかけが話題に

 

■新型コロナの影響で注文が普段の10倍に

この会社が作っているダンボール工作キットは、約150種類ある。担当者によると、以前から通信販売にはあまり力を入れていなかったとのことで、普段は月に50~100件の注文だった。ところが、新型コロナによる巣ごもり需要で、4月は普段の10倍、約1,000件の注文が入ったという。

緊急事態宣言の影響で、家に閉じこもっていた子供たちにも大人気だ。


■ダンボールとは思えないほどの仕上がり

WOWシリーズは、自らダンボールを組み立てて、色を塗ることも可能。ノリやハサミを使わない簡単組立が特徴で、「本当にダンボールなの?」と疑うほどのできに仕上がる。

工作キット
(写真提供:hacomo)

また、線路がついたハッピーレールシリーズは、成田エクスプレスやはやぶさ、山手線、京浜東北線など種類も豊富で、鉄道が好きな子供たちにも、たまらない内容となっている。

・合わせて読みたい→手作りの新型コロナ感染防止パネルが話題 社長は「職人の技を活かし貢献したい」

(取材・文/しらべぇ編集部・おのっち

この記事の画像(3枚)