吉村知事、学生のため“大阪大会”準備へ ツイッターでの「ひと言」に称賛

夏の高校野球など、全国大会が軒並み中止されている現状を受けて、大阪府の吉村洋文知事が、大阪大会でも開催できないか、調整する意向を示した

社会

2020/05/22 15:00

吉村洋文

大阪府の吉村洋文知事が、22日に自身のツイッターを更新。全国高校野球など、学生たちにとって夢の舞台である様々な全国大会が中止となっている事態を受け、感染症対策を講じたうえで「大阪大会だけでも開催できないか」準備に入ると表明した。



 

■大人側が「諦めてはいけない」

戦後初となる夏の全国高校野球の中止が決定したのは、今月20日のこと。

吉村知事は「高校野球、インターハイ、吹奏楽、3年生最後の全国大会が中止決定。高校3年間だけでなく、子供の頃から夢を追いかけ続けた生徒も多い。勝敗だけの問題じゃない」と、これまでの成果を発揮する夢の舞台が奪われてしまうことの深刻さを強調。

「大人の側が、最後まで諦めてはいけない」とし、「コロナの感染症対策をとりながら大阪大会だけでも実現できないか準備に入る」「できる限り頑張る」と表明した。


関連記事:インハイ中止受け現役バスケ選手が学生にメッセージ 「泣ける」と話題に

 

■「泣く」「素晴らしい」と称賛

日々努力を重ねてきた学生たちの無念を汲んだ吉村知事の発言には、「こんなん言われたら泣く」「若者の夢を壊さないように大人がどうにか考える、本当に素晴らしいです。吉村知事にエールと称賛をたたえたいと思います」と、称賛の声が相次いでいる。

また、「『最後まで諦めてはいけない』ほんとその通りだよね」「出来る限り頑張ると言う一言にグッと来てしまった」と、誠実な言葉の節々にグッときた人も多いようだ。


■「さすが元ラガーマン」の声も

吉村知事といえば、高校時代はラグビー部に所属していたことでも知られており、公式ページのプロフィール欄でも「毎日毎日、遅くまで花園を目指して楕円球(だえんきゅう)を追いかけていました。勉強は不十分でしたが、良い青春時代でした」とコメントしている。

自身が、高校時代に目標に向かってがむしゃらになった経験があるからこそ……と捉えた人も少なくないようで、「さすが元ラガーマン」「学生たちの気持ちに寄り添える知事はサイコー」というコメントも見られた。

・合わせて読みたい→『スッキリ』近藤春菜、甲子園中止に言及 「文化部への気遣い」に称賛相次ぐ

(文/しらべぇ編集部・衣笠 あい