無印良品、夏用マスクが話題 その設計に「すごい発想」と期待集まる

株式会社良品計画、オーガニックコットン素材に抗菌防臭加工をした夏素材の布マスクの販売開始を発表。

話題

2020/05/26 19:20

無印良品

無印良品』を展開する株式会社良品計画は、26日、夏用の布マスクを販売することを発表。工夫の凝らされた設計に、ネット上では驚きと歓喜の声が上がっている。



 

■3種の夏素材マスク

HPにて「オーガニックコットン素材に抗菌防臭加工をした夏素材の布マスク3種の販売を開始する」と発表した同社。この3種とは、「サッカー織り」「ムラ糸天竺編み」「鹿の子編み」という編み方の違いであり、そのどれもが洗濯30回までの耐久性を備えているという。

ちなみにこのマスクは、同社製品のTシャツやパジャマを生産した際に出る「オーガニックコットンの残布」を再利用したものなのだそうだ。


関連記事:無印良品の布マスクが神コスパ 使いやすくする「ひと工夫」も最高だった

 

■販売はいつ?

販売開始時期は、3種それぞれで異なるようで、一番早くて6月上旬、一番遅くて6月下旬となっている。販売方法については「全国の無印良品の店舗」だそう。

「今後の営業状況に応じて取り扱い店舗を決定します」と注釈が記されていることから、緊急事態宣言解除に伴い営業を再開した店舗において、販売を開始していくものと思われる。価格は2枚入りでどれも999円と、手心な価格となっている。

次ページ
■「再利用」を評価する声