イオン、フードコートもコロナ感染対策 その徹底ぶりがスゴかった…

イオンが28日から全国で再開。フードコートの「間引き」が凄かった…

話題

2020/05/30 07:15

AEON

緊急事態宣言の解除を受け、イオンは専門店を含めた全館の営業を再開。さまざまな感染対策をしているが、フードコートでもその徹底ぶりは「さすが」の一言だった。


画像をもっと見る

 

■「3密」避ける徹底ぶり

イオン

記者が29日19時頃にフードコートを訪れると、「ソーシャルディスタンス」を保つために席がかなり間引きされているのを確認。以前は席の間隔がかなり近かったが、適切に距離を取ることができるよう工夫されている。

イオン

余った机や椅子は一箇所に集められており、利用客が触れられないように封鎖。ソーシャルディスタンスを保つためには、これだけの数を間引きしないと厳しいようだ。


関連記事:フードコードで娘から目を離したら… 「夫のまさかの行動」に愕然とする

 

■土日は混雑に注意?

イオン

各テーブルに「フードコートは間隔をあけてご利用ください」との注意書きがあった。

徹底した感染対策だが、席数は少なくなっているため、利用の際には注意したい。同日の16時頃は多くの人であふれ、席に座れなかった客もちらほらと見受けられた。SNS上でも「混んでて座れなかった」「人がいっぱいだった」といった声があがっており、利用をあきらめたという人も。

平日であれば席は比較的空いているが、多くの客で賑わう土日の利用は厳しいかもしれない。


■感染対策に称賛の声

イオンはこの他にも、エレベーターの定員を4名までとしたり、入り口に消毒済みの買い物かごを置くなど、新型コロナウイルスの感染対策を実施。その徹底ぶりに、SNS上では「当たり前かもしれないけど凄い」「こうした気遣いが嬉しい」「好感が持てる」と称賛の声があがっている。

「第2波」も懸念されている状況だが、こういったシンプルでわかりやすい感染対策をすることによって、利用客たちの不安が少しでも取り除かれることを願いたい。

・合わせて読みたい→新型コロナ、スーパーの「間隔空けて」は守られているのか 確かめてみたら…

(取材・文/しらべぇ編集部・二宮 新一

この記事の画像(3枚)