滝沢カレン、親友から「滝沢は自分よりバカだと思う瞬間」を暴露され赤面

『しゃべくり007』で滝沢カレンの秘密を親友が暴露して…

エンタメ

2020/06/02 15:00

滝沢カレン

独特な日本語と個性的な思考で多くのファンを獲得したモデル・滝沢カレンが1日放送『しゃべくり007』(日本テレビ系)に出演。親友から「滝沢が自分よりバカだと思った」秘密を暴露された。



 

◼親友の暴露

「私達はテストで50点以上だと喜ぶおバカだったが、私が出来る『あること』が滝沢は出来ないので、自分よりバカだなと思っている」と親友・サチコさんは滝沢を評する。

その「あること」とは、滝沢が「カタカナ5文字以上が読めない」点。ここからサチコさんは、滝沢の私生活での「バカっぷり」を暴露していく。


関連記事:滝沢カレン、デリバリーで独特な食べ方を発見 「冷やし担々麺と回鍋肉を…」

 

◼滝沢の秘密

滝沢は飲食店でカタカナ5文字以上のメニューだと言葉に詰まるのだが、「長いメニュー名なら『これで』と言えばいいのに、『○○を添えて』とかまで全部言おうとするのもバカっぽい」とサチコさんは指摘する。

滝沢も思わず「ヒドイ」と赤面しながら苦笑いを浮かべたが、「普段の会話に出てこないような、急に出てくるカタカナが本当に嫌い」と親友の証言を肯定。外国人の名前も苦手だと明かした。

次ページ
◼視聴者は好意的