新型コロナの影響も 4人に1人が「ネットスーパーの利用経験あり」

新型コロナウイルスによる外出自粛のために、ネットスーパーで買い物を済ませる人もいるようである。

ライフ

2020/06/07 09:00

新型コロナウイルスの感染拡大により、スーパーでの買い物の回数を減らすようにしていた人も多いだろう。そこで注目されたのが、イオンや西友、Amazonフレッシュなどのネットスーパーである。


画像をもっと見る

 

■「ネットスーパー利用」2割強

しらべぇ編集部では全国10〜60代の男女1,880名を対象に、「買い物について」の調査を実施した。

ネットスーパーを使った経験があるグラフ

「ネットスーパーを使った経験がある」と答えた人は、全体で25.8%だった。


関連記事:感染リスクもあるのに… 約8割が「コロナ禍で働く店員に感謝」

 

■新型コロナの影響で

性年代別では、多くの年代で男性よりも女性の割合が高くなっている。

ネットスーパーを使った経験がある性年代別グラフ

新型コロナウイルスの感染予防のために、ネットスーパーを利用するようになった人も多いようだ。

「今回の新型コロナの流行で、食料品や日用品の買い物も控えようと思ってネットスーパーを利用してみた。重い商品も自宅まで運んでくれるのが、とても楽でいいと思った」(30代・女性)


「子供を連れてスーパーに行くのが心配だったので、ネットスーパーを利用することにした。家で子供の面倒を見ながら買い物が済ませられるので、これからも使いたいと思っている」(20代・女性)

次ページ
■買いに行ったほうが早い

この記事の画像(3枚)