劇団ひとり「児嶋さん早く謝罪して!」発言も… 翌日恥ずかしい展開に

お笑い芸人の劇団ひとりが突如お笑い芸人コンビ・アンジャッシュの児嶋一哉に謝罪を要求。ファンからは心配の声が相次いだ。

エンタメ

2020/06/11 15:00

劇団ひとり
(写真提供:JP News)

10日、お笑い芸人の劇団ひとりが自身のツイッターを更新。お笑いコンビ・アンジャッシュの児嶋一哉へのイジりに注目が集まっている。



 

■突然の「謝罪して!」

10日、児嶋の相方である渡部建が、複数の女性との不倫行為を『週刊文春デジタル』に報じられたことを受け、所属事務所が当面の芸能活動自粛を発表した。

そうした中、劇団ひとりは児嶋に対し「児島さん! はやく謝罪して!」「児島さん! はやく番組降りて!」(原文ママ)と厳しいリプライを送信。

劇団ひとりの唐突な対応に、ファンからは「ひとりさんどうしちゃったの…」「アカウント乗っ取られてるんじゃないかな」など心配する声が続出した。


関連記事:爆問・太田、渡部の自粛発表で『ブランチ』MC狙う 「土曜昼が忙しくなる」

 

■「空気が読めてなかった」と反省

こうした反響を受けて、劇団ひとりは翌11日に再び自身のツイッターを更新。「良かれと思ってチャカしたんですが、とくに反応もなく、何人かに注意され、空気を読めてなかったことを知る朝。恥ずかしい」と反省する様子を見せた。

続く投稿では、児嶋からのツッコミを受け「フォロワー大爆笑」となることを想定していたと明かし、決して心無い言葉を投げかけたわけではなく、「愛あるイジり」であったことを強調した。


■ネットでは「裏目に出ちゃった」

今回の投稿のコメント欄では「タイミングが悪かったみたいですね…」「笑いにしたいのは芸人の性だよね」「愛あるイジりが裏目に出ちゃったか~」など、劇団ひとりを慰めるコメントが多数書き込まれている。

中には、「笑いになったほうが児嶋さんも助かったかも…」と、劇団ひとりの発言は「気遣い」であったとフォローするような声も。

しかし、一部スポーツ紙などが13日の生放送番組にて、渡部に代わって児嶋が謝罪するとも報道しており、児嶋への「はやく謝罪して」という発言が、ジョークでは済まされない状況になってしまったことも、スベってしまった大きな要因と言えそうだ。

・合わせて読みたい→アンジャッシュ渡部、活動自粛を発表 「妻にも説明し、謝罪しました」

(文/しらべぇ編集部・北田力也