ピューロランド、一部制限つきで営業再開 ネットでは心配の声も

サンリオピューロランドが、7月20日より一部制限つきで営業を再開することが発表された。

ハローキティ

15日、サンリオエンターテイメントが運営するテーマパーク「サンリオピューロランド(以下、ピューロランド)」が、7月20日より一部制限つきで営業を再開することが発表された。



 

■2月22日から臨時休館

ピューロランドは国内外での新型コロナウィルス感染拡大の影響を受け、2月22日から臨時休館を続けていたが、国内感染状況ならびに政府及び東京都による大規模施設の休止要請解除の発表を受け、今回の再開に至った。

より慎重かつ緩やかにパーク運営を再開していくため、一般営業再開に先駆けて7月13日~7月19日の間、まずは年間パスポートを持つユーザーを対象にプレオープンを実施していくという。


関連記事:USJが来園者の居住地域を限定して営業再開 確認方法について取材してみたら…

 

■「入場整理券(日付指定) 」の抽選

また、当面の間はパーク内のキャパシティ制限をするため、インターネットから「入場整理券(日付指定) 」を申し込み、当選したユーザーに限り入場が可能に。ピューロランドの入場には、パスポートチケット(年間パスポート含む)と、「入場整理券(日付指定)」が必要となる。

「入場整理券(日付指定)」の申し込みについては、今月26日より公式ホームページにて受付開始予定とのことだ。

次ページ
■来園者に呼びかけも