216店閉店し元運営会社は倒産 「ステーキけん」23区唯一の現存店で見つけたもの

最盛期には全国238店舗を展開し、高い人気を誇っていたステーキチェーン店の「ステーキけん」。その残存店がまだ都内にある。

ステーキけん

最盛期には全国238店舗を展開し、高い人気を誇っていたステーキチェーン店の「ステーキけん」。

しかし2010年代前半を境に人気は凋落し、現在営業しているのは22店舗だけだ。3月には元運営会社が破産するなど波乱続きだが、一時代を築いたのは確か。東京23区内で唯一の現存店舗となっている蒲田店(大田区)で、その味を確かめてみた。


画像をもっと見る

 

■当時は引っ張りだこ

潰れたファミレスや焼肉屋などをそのまま居抜きで借り、人気のステーキ屋に転身させていく手法から“ロードサイドのハイエナ”との異名を持った創業者・井戸実氏。

自著出版やTV出演などで一躍時の人となり、1,000円台から注文できる手頃なステーキメニューと、セットでサラダ、ライス、スープ、カレーなどが食べ放題になるという画期的な品書きで、若者やファミリー層を一気に取り込んだ。

記者も同店の味を求めて、わざわざ友人たちと都内から埼玉まで車を走らせたことがあるほど、魅力に溢れるお店だった。


関連記事:「いきなりステーキ」、テイクアウトで“名誉挽回ステーキ”を発見

 

■元運営会社は3月に倒産

しかしその後「いきなりステーキ」の台頭など新興勢力の参入や、社長のビッグマウスぶりがネットで何度も炎上するなど逆風が吹き荒れ、売上が激減。

2010年台前半をピークに店舗数も減少していき、2019年7月には井戸氏が社長を務めていたエムグラントフードサービス(「MFS」に社名変更した直後の2020年3月に倒産)から「平禄寿司」などを運営しているジー・テイスト社に事業譲渡されるという憂き目に遭った。

次ページ
■蒲田店は残念な客入り

この記事の画像(8枚)