仕事への不安が影響か? 4人に1人が「新型コロナの流行で副業を意識」

新型コロナの流行で、仕事に対して不安を抱いた人も多い。なにか、副業を始めたいと思った人もいるようだ。

ビジネス

2020/06/23 12:00

新型コロナウイルスの影響で、現在の仕事に対して不安を抱いた人も多いだろう。そこで、注目されているのが副業である。


画像をもっと見る

 

■2割強が「副業を意識」

しらべぇ編集部では全国10〜60代の男女1,880名を対象に、「新型コロナウイルスについて」の調査を実施した。

新型コロナウイルス流行以降副業に関しての意識が高くなったグラフ

「新型コロナウイルス流行以降、副業に関しての意識が高くなった」と答えた人は、全体で24.7%だった。


関連記事:「外出自粛で体重増加」3割程度 新型コロナウイルスの影響で

 

■今後の仕事に不安

性年代別では、ほとんどが男女ともに年代が低くなるほど割合が高くなっている。

新型コロナウイルス流行以降副業に関しての意識が高くなった性年代別グラフ

新型コロナウイルスにより、現在の仕事に対して不安を持つようになった人も多いようだ。

「接客業で働いているところが休業になり、しばらく自宅待機をしていた。いつ再開されるかわからない不安から、なにか副業でもしておくべきだったかなと思った」(20代・女性)


「この先また第二波がやってくれば、仕事がどうなるかわからない。それならば今からなにか、副業でもやっておくべきなのかもしれないと思っている」(20代・男性)

次ページ
■どのような副業を…

この記事の画像(3枚)