ディズニー営業再開を受け… 富士急ハイランドの自虐が悲しすぎる

いよいよ営業再開となる東京ディズニーランド・シー。それを受けて、富士急ハイランドのキャラクターが自虐?

エンタメ

2020/06/24 08:20

富士急ハイランド
(sleepyz/iStock/Getty Images Plus/写真はイメージです)

オリエンタルランドは23日、東京ディズニーランド・シー両パークの営業再開を発表。今年2月より休園していただけに、ファンからは歓喜の声が上がった。



 

■「パークの空気」がトレンド入り

7月1日より両パークの営業を再開すると発表したオリエンタルランド。長い休園期間を経て、ようやく営業が再開したことを喜ぶファンも多い。

一部アトラクションや、キャラクターグリーティングの規制など、休園前より楽しめることが少なくなっているが、それでも「パークの空気だけでも吸いたい」という声もあり、ツイッターでは一時「パークの空気」がトレンド入りした。


関連記事:再開発表したディズニー、年パスめぐる神対応に「異例の事態」と注目集まる

 

■富士急「うちのパークの空気も…」

そんな中、ディズニーに負けず劣らず人気の遊園地『富士急ハイランド』のオリジナルヒーロー・絶叫戦隊ハイランダーのメンバーが23日、公式ツイッターを更新。

ディズニーランド再開で盛り上がる様子を受けてドドンパ・ピンクは、富士山が望める園内でポツンと座り込んだ写真をアップし、「うちのパークの空気も食べに来てほしい。。」と寂しそうにつぶやいた。

富士急ハイランドは、5月から山梨県在住者に向けて営業を再開。6月19日には全国47都道府県すべての人が入園できるようになっている。


■独特なアピールが話題に

一足早く営業体制を整えていたにも関わらず、ディズニー人気に圧倒されてしまったのか、自虐要素強めとなった今回の投稿。しかし、富士急ハイランドのアピールも負けてはいない。

新型コロナウイルス感染症対策として、東日本・西日本遊園地協会が発表したガイドラインには、「大声の発生は控える」よう記載されているが、この発表を受けて同園は「新しい絶叫スタイル」を確立。

富士急ハイランドの岩田大昌社長と富士急行の堀内光一郎社長が、終始無言で絶叫マシンを楽しむというなんともシュールな動画をツイッターで公開し、話題になった。

遊園地などの商業施設も徐々に営業再開している昨今。完全に元通りとまではいかないが、生活する上で励みになっている人も多いのではないだろうか。

・合わせて読みたい→ディズニー再開、休止施設が多くても行く価値がある理由 「最高!」

(文/しらべぇ編集部・稲葉 白兎

この記事の画像(1枚)