無印良品の夏用マスク、エアリズムとの決定的な違いに「どうして…」と悲鳴

使いやすさから注目を集めている『無印良品』の夏用マスクだが、一部のユーザーからは悲鳴も上がっており…。

話題

2020/06/24 05:00

新型コロナウイルスが猛威を振るう現代では、薬局などで手に入る通常のマスクだけでなく、多方面のブランドが販売するマスクがトレンドの中心に。つい先週、『ユニクロ』から待望の『エアリズムマスク』が販売されたこともあり、世はまさにブランドマスクの「戦国時代」へと突入している。



 

■「夏用」ではない

『エアリズムマスク』は決して夏用のアイテムではない。6月半ばに販売されたこともあってか夏用マスクと誤解するユーザーも多いが、『ユニクロ』広報担当者によると、「エアリズムマスクはオールシーズン用マスクです。そもそも『夏用マスク』という訴求は一切していません」とのこと。

気づかずに購入してしまい、「夏用じゃなかったのか…」と嘆きの声を上げるユーザーも少なくないようだ。


関連記事:無印良品の人気マスク、在庫数に異変が 「こんなにたくさん…」

 

■夏用マスクといえば…

一方で、夏用マスクとして注目を集めているのが『無印良品』より販売中のマスク。素材にオーガニックコットンが用いられ、従来のマスクと異なる織り方で作られているのがポイントだ。

無印良品

こちらは全部で3種類のマスクが販売予定で、第1弾となる「サッカー織り」タイプのマスクは6月5日より販売スタート。その人気ぶりは店頭から完全に姿を消すほどの勢いであったが、販売から2週間が経過した現在では、だいぶ入手しやすくなっているようだ。

次ページ
■オンラインでの購入が不可