無印良品の「足なりサンダル」がコスパ最強 履いて納得した機能性の高さ

無印良品の「足なりサンダル」が凄い。低価格なのに高機能の理由を履いて実感した…

グッズ

2020/06/26 19:20

もうすぐ7月となり、30℃以上の真夏日が毎日のようにやってくる。暑い中で靴を履くと蒸れるので、サンダルを好む人も多いのではないだろうか。

これからサンダルの需要が増してくるが、そんな中、無印良品からコスパ最強のサンダルが発売されている。


画像をもっと見る

 

■990円とは思えないデザイン性

その名も『足なりサンダル』。しらべぇ編集部が購入してまず驚いたのが、990円という安すぎる価格なのにも関わらず、デザイン性が高いこと。これなら普段使いでも十分に活躍するだろう。

色は、オフホワイト、ブラック、ネイビー、カーキグリーン、マスタードの5色が展開。サイズはXS(22.5~23cm)、S(23.5~24cm)、M(24.5~25cm)L(25.5~26cm)、XL(26.5~27cm)となっている。27.5cm以上の足に合うサイズがないのが唯一残念なポイントか。


関連記事:無印良品の布マスクが神コスパ 使いやすくする「ひと工夫」も最高だった

 

■一歩一歩がスムーズ

実際に外で履いてみて分かったのは、足の形にしっかりとフィットして歩きやすいこと。サンダルでよくありがちな、「歩いていると脱げそうになる」ということもなく、足に余計な力が入らないので疲れにくい。

さらに、歩き出すときにも地面をしっかりと蹴り上げることができるので、一歩一歩がスムーズに運べる気がする。走ってみても脱げる素振りすらなかったのは驚いた。


■夏の必需アイテムかも

なぜこんなにも足にフィットするのか気になったので、サンダルをよく見てみると、土踏まずの部分のもり上がりと、指の付根部分の凹凸が確認できる。これが、歩きやすさの理由なのだろう。

990円という価格でここまでのクオリティを実現できるのは、さすが無印良品といえる。この夏の必需アイテムといっても過言ではない。

・合わせて読みたい→ワークマンの撥水スニーカーがスゴイ 試して実感したチートレベルの機能性

(取材・文/しらべぇ編集部・小野田裕太

この記事の画像(4枚)