スターダストの若手俳優陣と新鋭監督がタッグ ドラマプロジェクト『SSS』が始動

スターダストプロモーション制作3部の若手俳優陣と新鋭監督によるドラマプロジェクト『SSS~Special Short Story~』が立ち上がった。

エンタメ

2020/06/27 12:00

北川景子、新木優子、小松菜奈、窪田正孝、北村匠海(DISH//)、中川大志らが所属する芸能プロダクション「スターダストプロモーション」の制作3部が若手俳優陣を中心に、新鋭監督とともに贈るドラマプロジェクト『SSS~Special Short Story~』を立ち上げた。


画像をもっと見る

 

■注目の若手俳優陣が集結

田辺桃子
(©︎スターダストプロモーション)

同プロジェクトでは現在、第一弾から第四弾までの配信が決定。ショートストーリー仕立てのドラマをYouTubeで公開していく。

昨年まで『Seventeen』の専属モデルを務め、『SUNNY 強い気持ち・強い愛』(2018) 『うちの執事が言うことには』(2019)『ゆるキャン△』(TX)など近年多数の話題作に出演の田辺桃子、業界大注目の五人組ボーカルダンスユニット『M!LK』から吉田仁人、唯一無二の 9 人組ミクスチャーユニット『SUPER★DRAGON』から松村和哉。

デビューから1年足らず、自ら前衛的に進化していく次世代ユニット『原因は自分にある。』から小泉光咲と『FAKE MOTION』に出演の吉澤要人、第31回ジュノン・スーパーボーイ・コンテストグランプリ受賞の松本大輝。

そして、『インハンド』(TBS)などに出演の高橋春織、『そして、ユリコは一人になった』(カンテレ)『いいね!光源氏くん』(NHK)『小説の神様』(公開日未定) に出演の柴田杏花ら若手俳優陣が集結する。


関連記事:「私の卒業」プロジェクト第二期始動 視聴者からストーリーを募集

 

■企画・監督も注目の若手クリエイター4人

企画・監督をつとめたのは、注目の若手クリエイター4人。『坂道のアポロン』(2018)『フォルトゥナの瞳』(2019)でメガホンをとり、本年『思い、思われ、ふり、ふられ』『きみの瞳が問われている』の公開が控えている三木孝浩氏。

『響-HIBIKI-』(2018)『君は月夜に光り輝く』(2019)『劇場版 そして、生きる』(2019)の月川翔らが所属するSTARDUSTDIRECTORS主催のイベント【STARDUST DIRECTORS film fes.】短編コンペテイション部門で発掘された八重樫風雅氏・東かほり氏。

さらに、大阪芸術大学卒業制作として監督した作品が国内外で高く評価され期待のかかる渡邉安悟氏、今年1月に放送されたドラマ「ゆるキャン△」(TX)の演出に参加し話題を呼んだ新鋭・吉野主氏という顔ぶれである。


■第一弾は本日正午より配信

SSS~Special Short Story~
(『フィフティー・フィフティー』)

本日正午より配信される第一弾『フィフティー・フィフティー』には、小泉光咲(原因は自分にある。)、松村和哉(SUPER★DRAGON)、『週刊ヤングジャンプ』主催「制コレ18」に選ばれた高岡凜花が出演。監督・脚本は、八重樫風雅氏が務める。

小泉演じる高校生のシンゴは、松村演じる親友のレイジに相談を持ちかける。その相談とは、高岡演じる同じクラスの朝比奈へのリモート告白。それぞれの想いが交錯し、思いも寄らぬ事実も発覚していく。そして、タイトルにある「フィフティー・フィフティー」の意味とは…。自粛期間中ならではの恋愛模様をリモート画面越しに映し出す。

・合わせて読みたい→『僕等の物語』第一弾ドラマがついに公開 「とてもメッセージ性の強い作品」

(文/しらべぇ編集部・音無 まりも

この記事の画像(5枚)