ユニクロの紙袋、雨の日ヤバすぎる問題 店員の神対応で即座に解決できた

『ユニクロ』店舗では、買い物袋をビニール製から紙製に順次変更中。しかしユーザーからは、悲鳴が多数上がっており…。

話題

2020/06/30 05:45

ユニクロ

昨年9月以降、ショッピングバッグの素材を従来のプラスチック製から紙製へと切り替えている『ユニクロ』だが、公式サイトの情報によると、店舗への紙袋投入スケジュールに遅れが生じたという。

しかし間もなく7月に突入する現在では、多くの店舗で紙袋を目にする機会が増えてきたようだ。



 

■賛否呼んだ変更

『スターバックス』もストローの素材をプラスチックから紙に変更したように、近頃は多くの企業が環境に配慮した方針転換を図っている。

こういった取り組みを受け、ユーザーからは称賛の声が多数上がっているが、紙ストローや紙バッグの性能に関する不満の声も決して少なくはない。


関連記事:7月のレジ袋有料化でネットからは賛否の声 各社の対応を調べてみた

 

■耐久性に難あり

一番の不満点は、やはりその耐久性だろう。とくに紙ストローは、水と相性の悪い紙が「水を飲む」ために使用するストローに変身したことにより、弱点がこれ以上ないほどモロに出てしまっている。

耐久性という観点から見るとユニクロの紙袋も決して強いとはいえず、ネット上を見ると、「ユニクロの紙袋が脆すぎる…」「家に帰るまでに袋が保てば奇跡なレベル」といった声も上がっていた。

次ページ
■この時期はさらに地獄?

この記事の画像(2枚)