宇都宮健児氏、小池都政の嘘を追及 コロナ陽性者数に「数字の操作がある」

東京都知事選に立候補している宇都宮健児氏が1日、これまで都が発表してきた新型コロナウイルスに関するデータなどについて「数字の操作がある」と猛抗議した。

2020/07/01 21:50


 

■都が抱える問題点も

宇都宮けんじ

そのほか、必要な検査が行われなかった結果、自宅で孤独死し、死後コロナ陽性だったと判明したような「不適切事例」が290例中36例が東京だったということも挙げた宇都宮氏。

さらに厚労省が各都道府県に「PCR検査体制」について点検し回答するように求めているにもかかわらず、東京都が期限を20日以上過ぎても回答していない点など、東京都が抱えている問題点も次々質問状に掲載し、記者陣に明かしていった。


関連記事:小池百合子都知事、歌舞伎町感染源説に言及 「夜の街関連で明確な傾向」

 

■「回答できないわけがない」

宇都宮氏は、「小池さんは過去の討論会で、新型コロナウイルス対策について聞かれ、『うまくいっている』を示す『○印』の札を上げていた。そう自負されているのであれば、回答できないはずはない。大昔のことではなく、現在進行系で当たっている問題なのだから」と説明する。

「回答できない場合は問題を認めたことになる。もし数字の操作などが行われていた場合、これは重大な問題で、政治家としてやってはいけないこと。都民にとっても、(この質問状への回答は)大変な問題になる」と熱く語った。

・合わせて読みたい→なぜかテレビ討論が行われない都知事選 女帝・小池百合子知事の意向か

(取材・文/しらべぇ編集部・佐藤星生

Amazonタイムセール&キャンペーンをチェック!

弁護士東京都都知事選小池百合子新型コロナウイルス宇都宮健児日弁連宇都宮けんじ
シェア ツイート 送る アプリで読む


人気記事ランキング